dpiとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

dpi

皆さんは、「dpi」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「dpi」の意味を解説させていただきます。

dpiの意味とは?

dpiとは、写真の解像度の単位を表しています。
dots Per lnchの略で、2.54cmの幅に幾つドットを表現できるかを表しています。
解像度が高いとドットが細かくなり、解像度が低いとドットが粗くなります。
解像度が高いということは、それだけ細かい部分まで表現されているということです。
つまり、なめらかな画像ということになります。
注意するべき点は、写真そのもののサイズや、画像データのピクセル数を表すものではありません。
Webで使う画像は72dpiが一般的です。そして印刷では300dpi〜350dpiが一般的になっています。

dpiの使い方

dpiはパソコンで写真を加工したりする場合に必要になってきます。
dpiによって画像の綺麗さが変わってきたり、データ量が変わってきたりします。