JPEGとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

JPEG

皆さんは、「JPEG」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「JPEG」の意味を解説させていただきます。

JPEGの意味とは?

JPEGとは、joint photographic experts groupの頭文字を取ったもので、静止画像の圧縮形式のことです。拡張子には.jpegと.jpgの二つがあります。
JPEGは圧縮率が高く、かつ扱うカラーの数が約1677万色と多いため、グラデーションをきれいに表現することのできるフォーマットです。
そのため、写真に適した画像形式と言えます。JPEGは圧縮の幅を選択できるため、用途によって画質とファイルの大きさのどちらを優先するかを選ぶことができます。

JPEGの使い方

JPEGの使い方は、写真データをネット上にアップロードする時によく使われます。
圧縮率が高いのでデータ量が少なくなるので、ネット上にアップロードするには都合が良いのです。