Exifとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

Exif

皆さんは、「Exif」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「Exif」の意味を解説させていただきます。

Exifの意味とは?

Exifとは、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影された写真に付加されるメタデータの名前で、撮影した写真についての付属情報を後から見ることができるように制度化された規格です。
「イグジフ」と読み、Exchangeable image file formatの頭字語です。
Exifには撮影したカメラのデータ、撮影時のカメラの設定などの他、撮影日時やGPSの位置情報を含めることができるようになっています。
Exifが残ったままSNS等のインターネット上に画像をアップロードすると、位置情報などから思わぬ形で個人を特定されることがあり注意が必要です。

exifとは?

Exifの使い方

Exifは、いつどこで撮影されたものかを確認するのにとても便利な規格です。
しかし、データが残ったままSNS等に写真をアップロードすると、いつどこで撮影されたものかわかってしまうので、注意が必要です。