CMYKとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

CMYK

皆さんは、「CMYK」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「CMYK」の意味を解説させていただきます。

CMYKの意味とは?

CMYKとは、シアン(Cyan)、マゼンタ(Magenta)、イエロー(Yellow)の三種類の色とキー・プレート(Key plate)の頭文字をとったもので、絵具の三原色であるCMYに黒を加えた四色を用いた減法混色による色の再現方法であり、印刷などで用いられるカラーモードです。(キー・プレートは印刷時に輪郭などの細かい部分を表現する際に用いられた印刷版のことで、一般的に黒が用いられていたことから、諸説あるようですがCMYKの「K」は黒色を意味するとされています。)
テレビやディスプレイなどの映像表示には光の三原色を用いたRGBが使われているのに対し、通常のカラー印刷ではこのCMYKのインクが使われています。

CMYKの使い方

CMYKの使い方は、パソコンなどで印刷物を作る時などに使うと、画面上と印刷物のギャップが小さくなります。