HDRとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

HDR

皆さんは、「HDR」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「HDR」の意味を解説させていただきます。

HDRの意味とは?

HDRとは、ハイダイナミックレンジ(High Dynamic Rang)の略です。
デジタルカメラの表現領域、つまりダイナミックレンジが通常よりも広いことを指します。
従来のSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べると、より広い明るさの幅を表現できます。
HDR映像では、明るい部分と暗い部分がどちらも主張することなく自然でリアルな描写になります。
次世代の高画質技術として注目されていて、現在ではさまざまなコンテンツで採用されています。

HDRの使い方

HDRの使い方は、明るいものと暗いものが混在する構図などの撮影時に有効です。