PLフィルターとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

PLフィルター

皆さんは、「PLフィルター」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「PLフィルター」の意味を解説させていただきます。

PLフィルターの意味とは?

PLフィルターとは、反射光をカットあるいは調節する特殊レンズフィルターのことで、偏光(Polarized light) フィルターの略語です。
海や池などの被写体を撮影するときに、水面に反射する光をカットして本来の色を再現したり、植物の葉っぱの表面のテカリを抑えて鮮やかな緑を表現するなど、被写体の表情を効果的に撮影することができます。

また風景写真では、空気中のホコリによる乱反射をカットして青空の青色を強調することができます。
レンズの前面にフィルターを装着し、フィルターを回転させて反射の度合いを調節しますが、ファインダ ーやプレビューなどで光の描写を確認しながら撮影します。
絞り置や露出などの補正を最適にするとより美しい 表現が可能になり、フィルター使用前と使用後では画像の仕上がりに格段の違いがあります。

PLフィルターとは?

 

PLフィルターの使い方

PLフィルターは、反射光を調節したい時やカットしたい時に使用するフィルターです。

撮りたいもの(被写体)に対して構図やポジションを変えてみるとフィルターの効果がわかりやすいです。

PLフィルターがよく使用されるのは、青空や水面の撮影の時です。
空の青さなどを際立たせたい時にオススメです。