RAWとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

RAW

皆さんは、「RAW」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「RAWの意味を解説させていただきます。

RAWの意味とは?

RAWとは、カメラの画像形式のひとつです。
英語では、「生」という意味があります。
未現像または未加工というとイメージしやすいかもしれません。

私たちがいつも撮ったり見たりしている「写真」はJPEG画像といい、RAWの編集後といえます。
私たちがわざわざ編集しなくても、すでに明るさや色などきれいに見えるように加工されています。

一方、RAW画像は一から編集します。
ホワイトバランスといわれる色の微調整が可能です。
大幅に調整しても画質が変わらないところがJPEGとの違いだと思います。
自分のイメージ通りの写真にするにはRAWがおすすめですね。

RAWとは?

 

RAWの使い方

RAWデータは、カメラ内で画像処理をほとんどしていません。
ホワイトバランスやカラーモード、シャープネスなどの設定が確定していないのが特徴です。

ホワイトバランスやカラーモード、シャープネスなどの画像設定を自分の手で決めることができる上に、補正を繰り返してもクオリティが下がることがありません。
自分のイメージ通りの写真にしたいという時にRAWを使用してみてください。