アスペクト比とは?意味や使い方を解説!【写真用語】

アスペクト比

皆さんは、「アスペクト比」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「アスペクト比」の意味を解説させていただきます。

アスペクト比の意味とは?

アスペクト比とは、長方形の長い線と短い線の比率の事を指します。
写真の場合、16:9、3:2、4:3などの比率があり、16:9はパノラマ写真や一部のデジタルカメラで使用されています。

3:2は、昔使われていたフィルムに使用されていた規格であり、現在もデジタル一眼レフカメラの一部で使用されています。
4:3は、コンパクトデジタルカメラなどで主流の規格であり、カメラによってはアスペクト比を切り替える事ができる物もあります。
スマートフォンでは、iPhoneが3:2、アンドロイドが4:3と16:9という規格になっています。

写真を印刷する時に使用する紙に、L版やはがきサイズ、A系列、B系列などの用紙がありますが、これらはアスペクト比3:2の比率に近くなっています。
このように、写真を加工せずに印刷する場合は、アスペクト比3:2の方が便利です。

しかし、写真はアスペクト比によって撮った写真の印象が異なりますので、どのような写真を撮りたいかによって、自分に合った比率を選びましょう。

 

アスペクト比とは?

アスペクト比の使い方

アスペクト比は写真の縦と横の比率のことです。
この比率の違いから、写真の印象が変わってきます。
写真に動きや広がりがでたり、またその逆も可能です。

また写真を印刷する場合にも比率は関わってくるので、写真のイメージや用途などによってアスペクト比を選ぶことが大切です。