アクセントとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

アクセント

皆さんは、「アクセント」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「アクセント」の意味を解説させていただきます。

アクセントの意味とは?

アクセントとは、風景とかスナップ写真を撮る時に、自分が写したいと思う被写体を引き立てる効果があるようにした被写体の事です。
写真を撮る時のテクニックの1つでもあります。

被写体の周りにある花や木の枝に虫や鳥など様々なものに味付けをもたらすことです。
被写体を撮る時には被写体の周りの光景が大事で、其処をうまく使う事で被写体が引き立ち、周りの細かさでアクセントのついたプロ並みの写真を撮る事が出来ると思います。
最初は意識しながら撮る事で進歩出来ると思います。

アクセントとは?

アクセントの使い方

風景やスナップ写真を引き立ててくれるアクセントになる被写体を意識してみましょう。
ただ昆虫の蝶を撮影するだけよりも、美しい花にとまった蝶の方がより写真が引き立つ場合があります。

メインの被写体を引き立ててくれるアクセントを意識しながら撮影してみましょう。