アンダーとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

アンダー

皆さんは、「アンダー」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「アンダー」の意味を解説させていただきます。

アンダーの意味とは?

アンダーとは、露出が少ないこと、まはた多くの場合「露出不足」つまり適性な露出より少なすぎることを言います。

具体的には被写体が暗いほど、撮像素子またはフィルムの感度が低い(ISO感度数が小さい)ほど、シャッタースピードが速いほど、絞りが小さい(Fナンバーが大きい)ほど、写した画像はアンダーになります。

それら4条件の組み合わせが適切な状態が「適性露出」と呼ばれます。
ただし何が適性露出かは、その画像を見た人の感覚や、画像の撮影意図をどうとらえるかに左右され、絶対的なものではありません。
結局、鑑賞者が「暗すぎる」と感じたら「露出不足」と感じたという事になるとも言えます。

アンダーとは?

アンダーの使い方

露出が適正でないと「明るすぎる」とか「暗すぎる」と感じる写真になってしまいます。
もちろんすべての写真が適正露出で撮影しなくてはならないわけではありません。
その写真に合っている露出であれば、アンダーでもOKということになります。

適正露出は主観的な問題も関わってくるので、完全な正解というのは難しいかもしれません。
ただ、明らかに誰が見てもアンダーだと感じてしまう写真は、その写真に限って言えば露出は適正でないということになるかもしれませんね。