イージーローディング(EL)とは?意味や使い方を解説!【写真用語】

イージーローディング(EL)

皆さんは、「イージーローディング(EL)」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「イージーローディング(EL)」の意味を解説させていただきます。

イージーローディング(EL)の意味とは?

イージーローディング(EL)とは、フィルムの出し入れに関する方式の1つです。

方式としては、イージーローディングとオートローディングがあり、イージーローディングは手動でフィルムをセットするものの、フィルム装填が容易にできるように考案された方式です。
一方、オートローディングとは、スプールと呼ばれるベロを差し込むスリット状の溝にフィルムの先端を差し込み、裏ぶたを閉めると自動的に1枚目までフィルムを巻き上げてくれる方式です。
120や220サイズフィルムなどでは、新しくスプール軸の内部に引っかけの爪を付けたイージーローディング方式が採用されています。

イージーローディング(EL)とは?

イージーローディング(EL)

カメラにフィルムを装填する時には注意が必要ですね。
正しく装填しないと、巻き上げに失敗して写真を撮ることができなくなります。

フィルム装填の失敗はわりとよくあることなので、慣れてきても正しく装填するように心がけましょう。