TTL測光とは?意味や使い方を解説!【写真用語】

TTL測光

皆さんは、「TTL測光」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「TTL測光」の意味を解説させていただきます。

TTL測光の意味とは?

TTL測光とは、レンズを透過した光量をカメラ内蔵の入射光式露出計で受け、被写体の明るさを測る測光方式のことです。
カメラの中に露出計が入っており、レンズを通じて入ってきた光を、カメラのボディ内にある測光センサーで測ります。
ちなみに、TTLはThrough The Lensの略です。

TTLの良さは、レンズやフレーミングを変えても、レンズを通過した光をカメラ内で測光するため、正確な露出を求めることができることです。
フィルターをつけていてもレンズ経由で測るので、何ら問題なく、測光した値をそのまま使えます。
リバーサルフィルムの撮影でも充分に信用でき、また、顕微鏡や望遠鏡にカメラをセットしても、正確な露出が得られます。
さらに、単体の露出計を持ち歩かなくとも良いのも大きな利点です。

一方、TTLの弱点は、反射光式の露出計を用いていることです。
反射光式は、被写体にあたった光を測るため、白い被写体では黒っぽく、黒い被写体では白っぽく仕上がってしまいます。

TTL測光とは?

TTL測光の使い方

TTL測光は、撮影レンズを通ってきた光を測定して測光する方法です。
多くのデジタル一眼レフカメラに使用されています。
レンズやフィルターを交換しても正確に測光できるのが特徴です。