アウトフォーカスとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

アウトフォーカス

皆さんは、「アウトフォーカス」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「アウトフォーカス」の意味を解説させていただきます。

アウトフォーカスの意味とは?

アウトフォーカスとは、意図的に焦点(ピント)を外してピントのボケた部分を作ることをいいます。
ピンボケではなく、意図的に写真にボケを入れる技法のことで、画面の中にピントの範囲から外してぼかした部分を絞りの調節で入れます。

主題だけにピントを合わせ、それ以外をボカすことによって主題が強調され、インパクトのある写真に仕上がります。
例えば、風景写真で前景にぼかした草木を入れるとか、花の撮影でバックをぼかして際立たせるといった形で、花の撮影や人物のポートレート撮影に多用されています。

アウトフォーカスとは?

アウトフォーカスの使い方

主体を際立たせる手法として、アウトフォーカスはとても便利です。
手前にボケを持ってきたり、背景を意図的にボカしたりします。

このようにピントの合ってない部分とピントの合っている部分があることで、表現の幅が生まれます。
一眼レフカメラで絞り数値を小さくして撮影したり、望遠レンズで撮影したりしてボケを出します。