sRGBとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

sRGB

皆さんは、「sRGB」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「sRGB」の意味を解説させていただきます。

sRGBの意味とは?

sRGBとは、国際的な標準色空間のことを指し、デジカメやパソコン等世の中の色を扱う機器のほとんどの初期設定は、このsRGB色空間で色を扱うようになっています。

CRTディスプレイ(ブラウン管)の色表現をベースに策定された規格で、先述したようにPC用周辺機器では、このsRGBにそった色調整を行うことで、入力時と出力時の色の差違を極力少なくしているが、AdobeRGBに比べると色空間は狭いといわれています。

ちなみにRGBは、それぞれ赤(red)緑(green)青(blue)の頭文字である。
光の三原色であり、数値を増すことに白に近づく。反対に数値を減らすことで黒くなる。
モニターで見るだけであればsRGBが最適であるが、印刷をするのであればより広い色の表現ができるAdobeRGBを選択するほうが良いことが多い。

sRGBとは?

sRGBの使い方

sRGBは国際的な標準色空間のことです。
sRGB色空間で作られた機器間では、色の受け渡しがスムーズという利点があります。

撮影するデジカメとディスプレイがsRGBであれば、おおよそ思った通りの色で表示されます。
さらにsRGBデータで印刷できるプリンターで出力すれば、大きな色の誤差もなく印刷することが可能です。