カメラアングルとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

カメラアングル

皆さんは、「カメラアングル」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「カメラアングル」の意味を解説させていただきます。

カメラアングルの意味とは?

カメラアングルとは被写体を撮影する時に定めるカメラの位置と角度の事を指します。

カメラアングルの違いにより表現の幅が大きく異なってくるので、カメラアングルの代表的な種類は知っておいたほうがいいです。
例えば被写体物の位置を明確にわからせたければ俯瞰などの引きのアングル。
圧迫感を出したければ被写体物の寄りのアングルなど。
カメラアングルの表現構造を正しく理解しておけばクオリティーの高い映像や写真を制作する事が可能です。

 

カメラアングルとは?

カメラアングルの使い方

カメラアングルはカメラの位置と角度を指します。れらが変わることで、写真の印象も変わってくるので、色々と試してみるのが良いと思います。

カメラを低い位置から見上げるように撮ると遠近感を強調できたりします。
上から見下ろすハイアングルは臨場感や迫力を出すことができます。