オートホワイトバランスとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

オートホワイトバランス

皆さんは、「オートホワイトバランス」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「オートホワイトバランス」の意味を解説させていただきます。

オートホワイトバランスの意味とは?

オートホワイトバランスとは、自動で光源のもと白い物が白くくっきりと写るように調節してくれる機能で、デジタルカメラ特有の機能です。

夜景や室内などの撮影時に適しており、操作になれていない人でも自動で綺麗に写真を補正してくれる機能です。
しかしオートで簡単に補正が出来る為、いかにもデジタルカメラで撮影したと言うような色味の仕上がりになってしまいます。
自然な発色が好みの方は光源に合わせて設定モードを選ぶのもようかと思います。

オートホワイトバランスとは?

 

オートホワイトバランスの使い方

オートホワイトバランスは人間の目に近い自然な発色に色補正してくれる機能です。
とても便利な機能ですが、色を強調したい時には逆に邪魔になることもあります。

「夕焼けの赤さを出したい」というような時はホワイトバランスに注意してください。
撮りたいものに合わせてホワイトバランスを調整しましょう。