キャッチライトとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

キャッチライト

皆さんは、「キャッチライト」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「キャッチライト」の意味を解説させていただきます。

キャッチライトの意味とは?

キャッチライトとは、写真と撮る時表情を活き活きと見せるために目の中にハイライトをつくることです。

キャッチライトを入れると目が輝いているように見え、表情が綺麗に見えます。
キャッチライトを入れるには、太陽光を利用して空を見上げてもらったり、顔を窓の方に向けてもらったりするなど色々と方法があります。

室内での撮影をする時は丸形のLEDを使ったり、白い紙を持ってライトの光を反射させるとうまくいくでしょう。
また、パソコン画面にハート型、星形を大きく表示させてその画面を見てもらうだけで可愛いキャッチライトもつくることができるのでぜひ試してみてください。

キャッチライトとは?

キャッチライトの使い方

キャッチライトは目の中のハイライトのことです。
このキャッチライトがないと、目に生気がなくどんよりとした印象になってしまいます。

もちろん絶対にキャッチライトを入れなければならないというわけではありません。
表現したい写真に合わせて手法を選択するのが良いと思います。