キットレンズとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

キットレンズ

皆さんは、「キットレンズ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「キットレンズ」の意味を解説させていただきます。

キットレンズの意味とは?

キットレンズとは、カメラ購入時に標準装備されているレンズのことです。
カメラ本体とレンズを別に購入するよりリーズナブルな価格に設定されていることが多く、初心者でも扱いやすくなっています。

ただ大半のカメラメーカーはこのキットレンズに標準ズームレンズを使用しています。
したがって上級者にはもの足りないと言え、大抵の場合、上級者ともなるとカメラとレンズは別々に揃えます。
いわばキットレンズとはカメラを始めた方が最初に手にするレンズだと言えそうです。

キットレンズとは?

キットレンズの使い方

キットレンズはカメラとセット販売されるレンズのことです。
標準レンズや、標準と望遠のWズームセットなどキットレンズの内容も様々です。
リーズナブルにレンズを購入することができるので、初心者にオススメですね。

キットレンズに関しては「キットレンズは使えない」という人もいれば、「キットレンズだけで十分」という人もいます。
コスパや使い勝手も良いのでキットレンズを上手に使いこなすのが良いですね。