カラースライドとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

カラースライド

皆さんは、「カラースライド」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「カラースライド」の意味を解説させていただきます。

カラースライドの意味とは?

カラースライドとは、カラーフィルムの種類です。

ポジフィルムやリバーサルフィルムとも呼ばれ、カメラで撮影するフィルムが、そのままスライドの映写にも使われます。
スライドショーを目的とした撮影に向いています。

コントラストに優れており、鮮やかでクッキリした画像になります。
対をなす存在としてカラープリント用フィルムがあり、こちらはネガフィルムとも呼ばれています。
主にアマチュアが使っているのは、ネガフィルムのほうです。

カラースライドとは?

 

カラースライドの使い方

カラースライドは撮影して現像が終わった時点で完成となります。
スライドとして大きな画面にすることもできますし、プリントも可能です。

もう一つの特徴としては露光領域の範囲が狭いということです。
撮影時の露出がシビアに求められるので、難しいと言われています。
扱いが難しい分、素晴らしい色調が得られます。