カラーネガとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

カラーネガ

皆さんは、「カラーネガ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「カラーネガ」の意味を解説させていただきます。

カラーネガの意味とは?

カラーネガとは「カラーネガフィルム」のことを指します。

普段私たちの良く知る「プリント用の一般的なカラーフィルム」はこれです。
ただ、カラーフィルムには「カラーネガフィルム」と「カラーリバーサルフィルム」という2種類があるために、場合によっては便宜上あえて「カラーネガフィルム」という名称を使う必要があるかもしれません。

「カラーリバーサルフィルム」と比べると「カラーネガフィルム」には、色合いの細やかな変化がよく出せる特徴があります。

 

カラーネガの使い方

カラーネガフィルムは撮影時の大きいな失敗が少ないという特徴があります。
撮影時の露出よりも、プリン時の露出の方が重要になってくるという意見も多いのがカラーネガフィルムです。

つまり、撮影時の露出が適正をわずかに外していたとしても、プリント時の調整でカバーできるということです。
グラデーションや階調が滑らかなので、普段の撮影時に用いられることが多いです。