カラーモードとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

カラーモード

皆さんは、「カラーモード」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「カラーモード」の意味を解説させていただきます。

カラーモードの意味とは?

カラーモードとは、印刷物やWEBに掲載されてる画像やイラスト、図形の色を表現する方法のこと。

カラーモードは1つではなく表現媒体によっていくつかの種類があります。
例えば、WEBサイトは、RED、Green、Blueという光の三原色によって多彩な色を表現してます。
この表現方法をRGBカラーと言います。
これが、WEBサイトのカラーモードと言います。

又、チラシやパンフレットなどの印刷物をフルカラーで印刷する場合は光ではなく色科によって、多彩な色を表現します。
この時、シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4色によって色を表現するカラーモードをCMYKカラーと言います。

 

カラーモードの使い方

カラーモードには、光の三原色(RGB)と色料の3原色(CMY)があります。
カラーモードが異なると、再現できる色領域も異なります。
カラーモードが正しくないと印刷時に色がくすむなどの問題が起きることがありますので、カラーモードは正しく使用しましょう。