サードパーティーレンズとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

サードパーティーレンズ

皆さんは、「サードパーティーレンズ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「サードパーティーレンズ」の意味を解説させていただきます。

サードパーティーレンズの意味とは?

サードパーティーレンズとは、ニコンやキャノンといったカメラメーカー自体が出している純正レンズに対して、シグマやタムロン、それ以外にもいろいろなレンズメーカーが発売しているカメラと互換性のあるレンズのことを言います。

レンズ交換式カメラのマウントに互換性があればもちろん純正レンズ以外のレンズを取り付けることができます。

カメラメーカー自体も焦点距離、画質など様々なバリエーションのレンズを出していますが、サードパーティーレンズで購入価格を抑えたり、サードパーティーレンズにしかない画角、描画の特徴を求めるカメラマンもいます。

交換レンズ購入の際には純正レンズだけでなくサードパーティーレンズも選択肢に入れて検討するのが一般的です。

カメラバッグとレンズ

 

サードパーティーレンズの使い方

一眼カメラには、カメラメーカーの純正レンズとカメラメーカー以外が販売しているサードパーティーレンズがあります。

純正レンズは、カメラメーカーが製造しているので自社カメラとの相性が良いのが大きなメリットですね。

高性能なレンズを求める人は純正レンズを好むことが多いようです。

サードパーティーレンズは様々なカメラメーカーのカメラに帝王しているためラインナップが豊富なのが特徴です。

サードパーティーレンズは低価格でコストパフォーマンスが良いのがメリットですね。

レンズに何を求めるかによって選択するのが良いと思います。