ゲータボード加工とは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ゲータボード加工

皆さんは、「ゲータボード加工」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ゲータボード加工」の意味を解説させていただきます。

ゲータボード加工の意味とは?

ゲータボード加工とは、硬貨ポリエスチレン発泡ボードの芯材を丈夫でかつ耐久性の強い人工繊維合板により表明加工したもの(ゲータボード)に写真を貼り付ける額装の方法です。

ゲータボード加工は他の方法と比較して反りがとても少なく、大型パネルにも適しています。

また、湿度や温度変化に強いことが特長で、とにかく長期の写真展示に最適な方法です。

ですので、ゲータボード加工は美術館などで行われる写真展などでよく使われます。

展示の会場

 

ゲータボード加工の使い方

写真を展示する際には、額装やパネル加工などをおこなうのが一般的です。

写真のパネル加工の一つにゲータボード加工があります。

特徴として反りが出にくいため、大判の写真展示や長期間の展示に適しています。

加工した際の見栄えだけではなく、写真のサイズや展示する期間も考慮してパネル加工の種類を選ぶのがベストです。