コントラストとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

コントラスト

皆さんは、「コントラスト」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「コントラスト」の意味を解説させていただきます。

コントラストの意味とは?

コントラストとは、写真における画像の明るい所と暗い所の差のことです。

明るくするとコントラストが強くなり、暗くすると弱くなります。

また、コントラストは撮影の対象となる、形や質感などの特徴の違いを指すこともあります。

コントラストは、機材の機能などにより調整することが可能です。

その調整で、撮影した画像に変化を出すことが可能になります。

これによって、同じ画像でもシャープな印象にしたり、メリハリを出したりすることが出来ます。

写真のコントラスト

 

コントラストの使い方

コントラストは明暗の差です。

コントラストを調節することで写真にメリハリをつけたり、ふんわりした雰囲気を作り出したりすることができます。

コントラストを強める(+にする)と明暗差が大きくなります。

メリハリのあるはっきりとした写真になります。

コントラストを弱める(−にする) と明暗差が少なくなります。

ふんわりとやわらかな写真になります。

どんな写真にしたいかによってコントラストを調節しましょう。