シャドーとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

シャドー

皆さんは、「シャドー」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「シャドー」の意味を解説させていただきます。

シャドーの意味とは?

シャドーとは、文字通り画像の影や陰影部のことを指します。

この対義語がハイライトになります。

適正な露出光を使うことにより、シャドー内の陰影部を細かく映しとることができるでしょう。

いわゆる黒潰れしていない状態でもあります。

ハイライトとシャドーをうまく使いこなすことで、光と影のメリハリのある引き締まった見易い写真に仕上げることが可能です。

表現方法の一つとしても有効で、あえてシャドーを黒潰しにする事もありますので、自分なりに写真を仕上げる時の手段の一つでもあります。

写真のシャドー

 

シャドーの使い方

シャドーは画像の中の影や暗い部分のことを指します。

画像の中にシャドー部分を作ることで、引き締まった写真になる効果もあります。