ストロボとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ストロボ

皆さんは、「ストロボ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ストロボ」の意味を解説させていただきます。

ストロボの意味とは?

ストロボとは、カメラ本体に内蔵されていたり外付けで装着して利用して使用する光源のことを指します。

一般的にはフラッシュと言われたりもしますが、一眼レフ等本格的な撮影機材ではストロボと呼ばれます。

但し、懐中電灯のような常時光がついているものではなく雷の稲妻のように一瞬ピカッっと光って被写体を明るく映し出すものをいいます。

ストロボは一瞬光れば単体で使えるというものではなく、カメラと通信を行ってしっかりとカメラのシャッターとストロボが光る瞬間を同期させる必要があります。

カメラのストロボ

 

ストロボの使い方

ストロボは光が足りないような環境でも適切な撮影ができるメリットがあります。

また、蛍光灯などの室内の光に左右されずに撮影できます。

ストロボを使用することで、陰影をつけることも可能です。

手ブレや被写体ブレを減らすこともできます。

ストロボを有効活用できれば撮影の幅がぐっと広がります。