ケラレとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ケラレ

皆さんは、「ケラレ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ケラレ」の意味を解説させていただきます。

ケラレの意味とは?

ケラレとは、画像の四隅にレンズフードやフィルターの影が映り込み、黒く欠けてしまう現象の事です。

レンズフードがずれたまま撮影したり、フィルター枠に厚みがありすぎると発生しやすくなります。

特に広角レンズでは発生しやすくなっています。広角レンズにはなるべく薄型のフィルターを使用すると良いでしょう。

また、レンズフードがきちんと装着できているか、正しい位置にはまっているかどうかこまめに確認することによって、ケラレを防ぎやすくなります。

カメラのフード

 

ケラレの使い方

ケラレの原因の一番多い原因は、レンズフードの写り込みです。

フードが正しく装着できていないと起きやすいので注意しましょう。

撮影時には気がつきにくいことも多いので、撮影前に試し撮りなどをしてチェックするように習慣つけるとケラレを防止できます。