シャープネスとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

シャープネス

皆さんは、「シャープネス」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「シャープネス」の意味を解説させていただきます。

シャープネスの意味とは?

シャープネスとは、デジタルカメラにおける画像のデジタル処理の一つを指します。

このデジタル処理は画像の輪郭をくっきりと目立たせる効果があります。

例えば撮影した写真が少しぼやけた感じになってしまった場合画像編集ソフトでシャープネスを上げることにより見た目上はメリハリのありくっきりした画像になります。

しかしあまりにもシャープネスが強すぎるとかえって不自然な画像に仕上がってしまうこともありますので、用途に合わせて適切な調整を行う必要があります。

写真のシャープネス

シャープネスの使い方

写真をはっきりとした印象にしたい場合に用います。

ピントが甘くぼんやりとした印象もシャープを適用することによって輪郭がはっきりとして改善される場合があります。

ただし適用には許容範囲があり、あまり限度が過ぎると不自然になってしまうので注意が必要です。