ジャギーとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ジャギー

皆さんは、「ジャギー」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ジャギー」の意味を解説させていただきます。

ジャギーの意味とは?

ジャギーとは、デジタル写真でよくみられる斜めの線や建物の境界線がギザギザになっているものを指します。

これは一般的に解像度が低い画像でよく見られます。

デジタル画像は画素ひとつひとつで一色を表しているため解像度が低すぎるとそれだけ一つの画素が占める画面内の割合が多くなってしまい斜めの線がギザギザの階段状に見えてしまいます。

このジャギーを確認したければ画像編集ソフト等で撮影した写真のなるべく斜めになっている直線部分を拡大すると確認がしやすいです。

カメラの解像度

ジャギーの使い方

ジャギーはデジタル写真によく見られます。

デジタル写真は四角い点が集まっているため、画像の解像度が低いと斜めの線がギザギザの階段状に見えることをジャギーと言います。

これはデジタル写真の特性上、どんな写真でも拡大していくと見られます。

ジャギーを回避するためには解像度を上げることがポイントです。