スポット測光とは?意味や使い方を解説!【写真用語】

スポット測光

皆さんは、「スポット測光」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「スポット測光」の意味を解説させていただきます。

スポット測光の意味とは?

スポット測光とは被写体の一部分を測光します。

逆光や明暗差が大きい時に使います。

白とびや黒潰れで写真が思うようにいかない時に、スポット測光で露出を変えることができます。

スポット測光のやり方は、十字ボタンを動かして測光したいところにフォーカスします。

明るいところに合わせたら全体が明るくなり、暗いところに合わせたら全体が暗くなります。

絞り優先モードにすると、測光したいところの明るさに合わせて、カメラが自動でシャッターの早さを調整します。

写真の白飛び

 

スポット測光の使い方

スポット測光は、とても狭い範囲の明るさを測ることが可能です。

そのためカメラ任せの露出ではなく、撮影者が露出を決定して撮りたい時にとても便利です。

逆光の時の撮影や明暗差が激しい時の撮影に適した測光法です。