デフォルメとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

デフォルメ

皆さんは、「デフォルメ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「デフォルメ」の意味を解説させていただきます。

デフォルメの意味とは?

デフォルメとは、大きな歪みのある魚眼レンズや対象を歪める効果のある超広角レンズなどを使い、遠近感を強く誇張して被写体を撮影することです。

こうしたレンズを使って撮影すると、肉眼で見るのとは違い、被写体が変形して表現されます。

その場合、離れて撮影すると被写体が小さくなり、ただ広く撮影しただけの写真になります。

しかし、被写体に寄って撮影することで、ユニークで意外性のある写真を撮ることができるようになります。

デフォルメの写真

デフォルメの使い方

デフォルメは普通のレンズではなく、魚眼レンズや超広角レンズを使用すると請おうかを得ることができます。

援引感を強調し被写体を際立たせることができるので、花やペットの撮影などに用いられます。

デフォルメしたい場合は、カメラの特性を理解して上手に使用することが必要です。