スローシンクロとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

スローシンクロ

皆さんは、「スローシンクロ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「スローシンクロ」の意味を解説させていただきます。

スローシンクロの意味とは?

スローシンクロ とは、夜間などの暗所において、ストロボを使いながらスローシャッターで撮影する技法です。

ストロボを焚いて夜景をバックに人物を撮ると、人物はくっきり写るのに、綺麗なはずの夜景が真っ黒になってしまった、という失敗はよくあると思います。

そのようなシチュエーションではスローシンクロの出番です。

簡単に言うと、バックの夜景に露出を合わせて、1/30以下の遅いシャッタースピードで撮影するのです。

しかし、これだけでは人物は暗くなってしまいますし、手ブレしてしまいます。

そこで、人物には弱めのストロボを当てて撮影します。

こうすると、スローシャッターによってバックの夜景はくっきり、そして人物にも適正な明るさが得られるのです。

ストロボが一瞬人物に当たるおかげで、少々動いてもブレの心配はありません。

まさに美味しいとこ取りですね。

ただし注意して頂きたいのは、スローシャッターで撮影しますので、三脚が必須という点です。

一脚でも構いませんが、極力、三脚を立てて撮影する事をオススメ致します。

スローシンクロの写真

 

スローシンクロの使い方

夜景などの撮影時に、背景と被写体のどちらも明るく撮りたい時に使用します。

ストロボの発光で手前の人物などの被写体を明るくし、シャッタースピードを低速にして背景の夜景を明るく撮影します。

カメラによっては「夜景ポートレート」という名称のモードが最初から搭載されているものもあります。

せっかくのきれいな背景が真っ暗で写っていないという失敗も、スローシンクロで解決できます。