ソフトフォーカスとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ソフトフォーカス

皆さんは、「ソフトフォーカス」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ソフトフォーカス」の意味を解説させていただきます。

ソフトフォーカスの意味とは?

ソフトフォーカスはピントのエッジをぼかして撮る方法です。

花など綺麗な対象を撮る時に使われることが多いです。

明るいところで撮影するほうが、ソフトフォーカスの効果が出て柔らかな仕上がりになります。

ソフトフォーカスの機能は、ミラーレスカメラやデジタル一眼レフカメラにもついています。

ぼかし具合を調整できるカメラもあります。

ソフトフォーカス機能がないカメラの場合は、レンズに装着するソフトフォーカスフィルターを使うことができます。

 

ソフトフォーカスの写真

ソフトフォーカスの使い方

ソフトフォーカスはやわらかい優しい雰囲気にしたい時に使用します。

ソフトフォーカスにするには、カメラの内臓フィルター・クローズアップレンズ・ソフトフォーカスレンズ・ソフトフィルターなどを使用します。

撮影後に画像編集ソフトでソフトフィルターに加工する方法もあります。

ソフトフォーカスは花や女性の撮影に適しています。