ノイズとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ノイズ

皆さんは、「ノイズ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ノイズ」の意味を解説させていただきます。

ノイズの意味とは?

ノイズとは、写真を撮った際に画面にざらつきが出たり、本来被写体にない変な色の点々が出て、画像の細部が失われてしまうことをいいます。

画像のざらつきや粗さがあるものを輝度ノイズ、おかしな色の点が出てしまうものをカラーノイズと呼びます。

原因として、カメラのISO感度を高い数字をで選択し、暗い場所で使用した時に出やすくなります。

ノイズの対策としては、やはりISO感度を上げすぎないこと、そして、絞りを小さい数字に設定にしたり、シャッタースピードを工夫することが必要です。

カメラを構える

ノイズの使い方

ノイズは写真のざらつきを指します。

ザラザラした感じを意図的に出す「粗粒子」という写真の表現もあります。

ISO800ぐらいからノイズで写真がざらつき出すこともあります。

カメラの機種によっても違うので、自分のカメラのノイズを把握しておきましょう。