デイライトフィルムとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

デイライトフィルム

皆さんは、「デイライトフィルム」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「デイライトフィルム」の意味を解説させていただきます。

デイライトフィルムの意味とは?

とは、読んで字のごとく日中の晴天下の太陽光のもとで真価を発揮するフィルムです。

フィルムは一定の光源のもとでしか目で見た通りの発色はしないのですが、デイライトフィルムは5500K程度の光源を必要としますので昼光やストロボ光での撮影にはそのまま使えます。

しかし蛍光灯下やタングステン光の条件下での撮影には写真の色彩に異常が出てしまいます。

これはフィルムのタイプと色温度が適正でないからであり、その場合には補正をする必要がありますが、現像時にある程度補正ができる融通性があります。

見た目通りの発色を望むには光源に対応するフィルムを用意するか、フィルターで補正をするかで対処するのが基本だと覚えておくといいでしょう。

 

カメラのデイライトフィルム

デイライトフィルムの使い方

デイライトフィルムは日中の太陽光のもとで正しい発色をするフィルムです。

人間の目に近い発色のフィルムです。

太陽光以外の例えば蛍光灯のもとでデイライトフィルムで撮影をすると緑がかってしまいます。

タングステンライトの撮影にデイライトフィルムを使用すると赤味が強く出てしまいます。

撮影する光源に合わせてフィルムを選択することが大切です。