ハイライトとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ハイライト

皆さんは、「ハイライト」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ハイライト」の意味を解説させていただきます。

ハイライトの意味とは?

ハイライトとは、光輝部や画像の明るい部分を指します。

その明るい部分をどれぐらい再現しているかで、適正露光が決まります。

水滴などにハイライトを入れて撮影すると、画像に透明感を出すことができます。

また、機材によっては、ハイライトを調整することも可能です。

調整の具合によっては、画像にコントラストを出すこともできます。

しかし、必要以上にハイライトを入れ過ぎてしまうと、被写体がきれいに映らないことがあります。

水滴のハイライト

 

ハイライトの使い方

写真の撮影でハイライトを見極めることは重要なことです。

被写体にどのような光が、どのように当たるのが最適なのかを意識して撮影すると良いと思います。

ハイライトがどのように入るかで写真の印象は変わってくるので、自分のイメージに合わせて使用してみてください。