フィルターとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

フィルター

皆さんは、「フィルター」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「フィルター」の意味を解説させていただきます。

フィルターの意味とは?

フィルターとは、レンズに取り付けることで写真撮影や撮影した写真に様々な効果を与えることができるものです。

レンズ保護するためのものや写真全体に色味を与える色彩強調フィルター、長時間の露光によって光が入りすぎてしまうのを防ぐNDフィルター等があり、写真撮影後に行う編集と同じ効果を撮影の段階で行うことができます。

デジタルカメラであれば機能としてフィルター効果があるものもありますが、フィルターを用いた方がより自然に効果を与えることができます。

カメラのフィルター

 

フィルターの使い方

カメラのフィルターは、手軽に様々な効果を得ることができるカメラアクセサリーです。

また撮影の効果のためではなく、レンズを守るために保護フィルターを使用する人も多いです。

ただし保護フィルターはレンズをキズや衝撃から守ってくれますが、面反射率が高いと画質が悪くなることがあるので注意してください。