パトローネとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

パトローネ

皆さんは、「パトローネ」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「パトローネ」の意味を解説させていただきます。

パトローネの意味とは?

パトローネとは35mmフィルムを収納する円筒形のスチールケースです。

デジタルカメラがなかった頃は、カメラにフィルムをセットして撮影していました。

フィルムに光に反応する化学薬品が塗布されていて、パトローネという遮光された円筒形のケースに収めていました。

パトローネは容器に入った状態で、カメラに装着できて便利です。

撮影したフィルムはパトローネに戻して現像します。

現像で取り出されたたくさんのパトローネは捨てられます。

フィルムのパトローネ

 

パトローネの使い方

パトローネはカメラにフィルムを簡単に装填するための容器です。

他にもフィルムカートリッジやフィルムカセットなどとも呼ばれます。

フィルムを感光させることがないので、カメラへの装填や取り出し時に暗室での作業を必要としません。

基本的にパトローネは使い捨てですが、長巻と呼ばれるフィルムを空のパトローネに巻き入れて使用することもできます。