フォトスタンドとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

フォトスタンド

皆さんは、「フォトスタンド」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「フォトスタンド」の意味を解説させていただきます。

フォトスタンドの意味とは?

フォトスタンドとは、撮影した写真を飾る事ができる写真立てのことです。

アルバム等と違い、写真をインテリアとして部屋に置けるほか、フォトスタンド自体を飾ってインテリアとすることもできます。

デジタルカメラで撮影するとデータとして保存することができるため、印刷せずに取っておくことが多いですが、フォトスタンドひとつあれば印刷後の写真飾る事ができるため写真好きには重要なアイテムとなっています。

昨今はデジタルのフォトフレームも販売されているため、より気軽に写真を部屋に飾る事ができるようになっています。

写真立ての写真

 

フォトスタンドの使い方

フォトスタンドは写真を飾る時に便利です。

プリントした写真は陽の光や湿気に弱く、色あせたり反りが出たりします。

フォトスタンドに入れて写真を飾れば、写真プリントをそのまま飾るよりも写真を保護することができます。

また様々なデザインや素材のフォトスタンドが販売されていますので、どんな風に飾るのかを考える楽しみもあります。