フォトコンテストとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

フォトコンテスト

皆さんは、「フォトコンテスト」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「フォトコンテスト」の意味を解説させていただきます。

フォトコンテストの意味とは?

フォトコンテストとは、撮影した写真で競うコンテストです。

評価基準はコンテストによって異なり、美しい写真を求められることもあれば、インパクトのある笑える写真を求められることもあります。

基本は自分で撮影したものに限ります。

人をメインで撮影した場合、コンテストに応募しても大丈夫か許可をとることも必要です。

無断で撮影して無許可で応募する人もおり、問題になっています。

本格的なカメラはもちろん、スマホで参加できる手軽なコンテストも増えています。

コンテストのトロフィー

フォトコンテストの使い方

フォトコンテストは規模の大きいものから小さなものまで、たくさん開催されています。

多くのコンテストにはテーマが設けられており、そのテーマに沿った写真が求められます。

「感謝」や「おいしい」などの感情をテーマにしたコンテストや、特定のお祭りやイベント写真のコンテストなどもあります。

フォトコンとテストに合わせて撮影するのも楽しいですし、腕試しになります。

また同じテーマで他の人がどのような写真を撮影したのかなども勉強になります。