フォーカスとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

フォーカス

皆さんは、「フォーカス」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「フォーカス」の意味を解説させていただきます。

フォーカスの意味とは?

フォーカスとは、被写体の焦点を合わせることです。

焦点を合わせることで、ブレのないきれいな写真を撮影することができます。

フォーカスには、オートフォーカスとマニュアルフォーカスの2種類あります。

オートフォーカスは、自動で焦点を合わせてくれるので初心者でも合わせやすいメリットがあります。

しかし、近距離では焦点が合わせにくいことがあります。

その反面、マニュアルフォーカスは手動で焦点を合わせることができるので、近距離の撮影には向いています。

フォーカスのキレイな写真

 

フォーカスの使い方

フォーカスとはピントを合わせることです。

カメラが自動で焦点を合わせるフォーカスの方法を、オートフォーカスと言います。

手動で焦点を合わせるフォーカスの方法を、マニュアルフォーカスと言います。

フォーカスをスピーディーに合わせる必要がある撮影(スポーツや動きの早い被写体など)ではオートフォーカスが活躍します。

マクロ撮影やコントラストの弱い被写体を撮影する時には、カメラがピントを合わせることが苦手な場合があります。

その場合はマニュアルフォーカスに切り替え、自分の会いたい場所にフォーカスを合わせましょう。