フォトギャラリーとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

フォトギャラリー

皆さんは、「フォトギャラリー」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「フォトギャラリー」の意味を解説させていただきます。

フォトギャラリーの意味とは?

フォトギャラリーとは、写真展の会場のこと。

ネットや紙媒体とは違い、大きなパネルに引き伸ばされた、生命感と臨場感と迫力あふれる写真が、写真家のセンスによって配置されています。

アナログな雰囲気が魅力です。

もしくは写真や動画を編集したり整理したり管理する「Windows フォト ギャラリー」アプリケーションのこと。

ただネットで「フォトギャラリーとは」と検索すると、こちらの説明ばかりが出てきます。

さらに何かの記事の最後などに、協力してくださった方々の写真や、取り上げた数々のお料理やお花などの写真を「フォトギャラリー」と称して、一覧のように並べている光景も目にします。

写真展の会場

 

フォトギャラリーの使い方

フォトギャラリーとは写真展のことですが、規模の大きさや写真の数や展示仕方など様々です。

複数の人数で行うグループ展やテーマを決めて行う写真展など、写真展をしたことがない人でもいろいろな形で参加することが可能です。

費用をかけなくても、飲食店や店舗に併設のギャラリーなどは比較的安く借りることができます。

お気に入りの写真でフォトギャラリーを開いてみるのも楽しそうですね。