フォーカスリングとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

フォーカスリング

皆さんは、「フォーカスリング」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「フォーカスリング」の意味を解説させていただきます。

フォーカスリングの意味とは?

フォーカスリングとは、ピントを調整して合わせるためのリングです。

ピントリングとも言います。

オートフォーカスでは、写真を撮る際、自動でピントを合わせる事ができますが、マニュアルフォーカスでは、自分でピントを合わせる必要があります。

通常の撮影では、オートフォーカスが一般的で便利ですが、暗い所での撮影や細かいピント調節がしたい時などには、マニュアルフォーカスが便利です。

その時、カメラレンズのリングを回す事で、ピント合わせをする事になるのですが、このリングがフォーカスリングです。

通常、フォーカスリングは、レンズの外側表面についていて、ズームをする時に回すズームリングと隣り合って付いています。

手動でピント合わせを行いたい時などには、このフォーカスリングを使いましょう。

レンズのフォーカスリング

フォーカスリングの使い方

フォーカスリングは手動でピントを合わせる時に回す部分です。

オートフォーカスではできない繊細なピント調整が可能なため、撮影したいイメージに近づけることができます。

オートフォーカスでピントに不満を感じる時にはマニュアルで撮影してみてください。