フォトサークルとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

フォトサークル

皆さんは、「フォトサークル」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「フォトサークル」の意味を解説させていただきます。

フォトサークルの意味とは?

フォトサークルとは、カメラ好きが加入して集まるサークル(クラブ)です。

写真撮影を趣味としている方が、もっと楽しく活動する事を目的としている物が多く、サークルに加入すれば、サークルに参加している方々の色々な作品を見たり、撮影テクニックを学んだり、カメラ仲間を作ったりする事ができます。

また、サークル仲間同士で集まり、撮影会をしたり、飲み会やイベントをしたりする所もあります。

カメラ会社が主催しているフォトサークルから、プロカメラマンが主催しているサークル、社会人同士が気楽に集まるサークルなど、様々なフォトサークルがあります。

写真のサークル

 

フォトサークルの使い方

フォトサークルは、参加している人数や年齢、活動内容など様々です。

自分の写真を見てもらったり、他の人の写真や撮影方法などを見れたりします。

フォトーサクルの中には、展示会を定期的に開催する活動が活発なところもあります。

カメラという共通の話題があるので楽しいですよ。