ミラーレス一眼とは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ミラーレス一眼

皆さんは、「ミラーレス一眼」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ミラーレス一眼」の意味を解説させていただきます。

ミラーレス一眼の意味とは?

ミラーレス一眼とは、デジタルカメラの種類の一つです。

フィルムが必要なく、撮影後にすぐ写真を確認出来、現像の必要がありません。

また、データ容量を増やす事で、沢山の写真を保存可能です。

一眼レフカメラに比べ、小さく、軽いため、カメラの初心者やファミリーに人気があります。

サイズは小さいのですが、レンズの交換が出来るため、本格的な写真を撮影する事ができます。

持ち運びをしたり、普段使いをしたい方、カメラには詳しくないが、写真のうつりにはこだわりたい方におすすめです。

ミラーレスのカメラ

 

ミラーレス一眼の使い方

ミラーレス一眼の良い点は小型で持ち運びが楽だということですね。

レンジ交換ができるので撮影に最適なレンズを選択することができます。

一般的なコンパクトカメラよりも描写力が高い上に、コストも一眼レフよりもリーズナブルなのが人気の理由です。

ミラーレスは小型なので一眼レフカメラよりも被写体に圧迫感や緊張感を与えないというメリットもあります。