フレアとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

フレア

皆さんは、「フレア」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「フレア」の意味を解説させていただきます。

フレアの意味とは?

フレアとは、逆光など強い光源にレンズを向けた時に発生する、写真のムラのことを示します。

発生原因としては、『レンズ面』や『レンズの鏡胴内』光が反射することによって、画像の一部または全体が白っぽく、ぼやっとした印象の仕上がりになってしまします。

フレア現象を防ぎたい場合には、レンズフードを装着するか、光が当たらないようにカメラアングルを工夫することによって改善することができます。

また、カメラマンによっては画面にソフト効果を出す為、あえて画面にフレアを入れて撮影する表現方法もあります。

カメラのレンズフード

フレアの使い方

フレアは強い逆光で撮影した場合に起きやすい現象です。

意図せず起きてしまったフレアは、目指しているイメージとは違ってしまうために失敗写真になってしまいます。

ですがフレアは写真全体のシャープさがとれ、やわらかい雰囲気を出すことができます。

フレアを防ぐのか、表現方法として使用するのかは撮影イメージに合わせて選択してください。