AFロックとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

AFロック

皆さんは、「AFロック」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「AFロック」の意味を解説させていただきます。

AFロックの意味とは?

AFロックとは、オートフォーカスロックの略です。
コンパクトデジタルカメラのほとんどの機種では、シャッターボタンを半押しすることによってピントを合わせることができますが、シャッターボタンを半押しした状態をキープしたままカメラの角度を変えると、カメラのピントの合った位置を変えずに構図を変えることができます。
これをオートフォーカスロック機能といい、ピント合わせの位置を写真の真ん中以外でも行うことができます。

AFロックの使い方

AFロックの使い方は、測距点を自動にしていた場合には、思った場所にぴんとが合いにくいが、真ん中またはその他に測距点を固定し、ピントが合った状態で画面構成を行うと、自分が作りたかった画像に近づけることができる。
しかし、コサイン誤差が出てしまったり、カメラがずれて、ピントが外れてしまったりすることがあるので注意が必要。