ペンタダハミラーとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

ペンタダハミラー

皆さんは、「ペンタダハミラー」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ペンタダハミラー」の意味を解説させていただきます。

ペンタダハミラーの意味とは?

ペンタダハミラーとは、一眼レフカメラの内部にある仕組みの名称です。

カメラのファインダーから中をのぞいた時に撮影イメージ画像が見えるようにするために、複数のミラーを組み合わせているのですが、この一連の仕組みのことをペンタダハミラーといいます。

上級機の場合にはパーツの一部にプリズムを組み合わせていることから、「ペンタプリズム」と呼ぶこともあります。

この仕組みはファインダーから見える画像の見え方に影響しており、上級機ほど画角どおりの像を結ぶことができる傾向にあります。

カメラのミラー

ペンタダハミラーの使い方

ペンタダハミラーはファインダーの形式の一つです。

ペンタダハミラーはレンズからの光を鏡で取り込みます。

ペンタダハミラーは軽く、ローコストだというメリットがあります。

デメリットとしては、ファインダーが暗く小さいということが挙げられます。

カメラのコストを抑え、軽量なカメラが良い場合は、ペンタダハミラーがオススメです。