AEロックとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

AEロック

皆さんは、「AEロック」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「AEロック」の意味を解説させていただきます。

AEロックの意味とは?

AEロックとは、最適な露出(写真の明るさ)を自動的に決めてくれる『AE(自動露出制御)』を一時的に停止(ロック)させること。

『AE(自動露出制御)』とは、マニュアルモード以外で撮影する場合、カメラに内蔵されている露出計が計算した『被写体の明るさ』を元に、絞り・シャッター速度・ISO感度を組み合わせて、自動的に最適な露出(写真の明るさ)が決められる機能のこと。

このAE機能により、快適な撮影が実現しているが、より明るめに撮りたい/暗めに撮りたいと自分で写真の明るさを調節したい場合、手動で『露出補正』を行うことになる。

しかしながら、AEは常に動作しているため、カメラの向きを変えたり、その場の明るさが変わると、せっかく自分で設定した露出設定も変わってしまうことがある。

このような時に役立つのが『AEロック』だ。AEロックをしておけば、カメラの向きをずらしても、予め設定した露出(明るさ)のまま撮影が可能だ。

AEロックの使い方

AEロックの使い方は、露出を固定するため、流し撮りや明暗がはっきりした構図の写真を撮影する場合に役立ちます。