APSとは?意味や使い方を解説!【写真用語】

APS

皆さんは、「APS」という言葉をご存知でしょうか。
カメラ写真関係では定着している言葉なので、聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「APS」の意味を解説させていただきます。

APSの意味とは?

APSカメラとは、1996年に提唱された写真の規格であるAPSフィルムを使用するカメラです。
APSフィルムは「Advanced Photo System」の略で、それまで写真用フィルムとして広く使われていた35mmフィルム(135フォーマットフィルム)を置き換えることを目標に開発されました。
途中まで撮影したフィルムを途中で交換することができたり、フィルム自体が小さく35mmフィルムよりも装填が簡単なのでコンパクトカメラを中心に一時普及しましたが、そのすぐ後にデジタルカメラへの転換が急激に進んだため、現在ではAPSフィルムの生産も完了し事実上APSカメラを使うことは不可能となりました。
現在ではデジタルカメラのセンサーの大きさを表す指標として「APS-Cサイズ」という名前が残るのみとなっています。

APSの使い方

APSの使い方は、フィルム交換が簡単で装填ミスが少なく、保管も元のカートリッジでおこなえるため、フィルムの劣化なども少なかった。